メイン   モジュール   デー タ構造   ファイルリスト   データフィールド   グローバル   関連ページ   注意事項   English

WinPcap ユーザーズマニュアル



モジュール

定義
エクスポートされた関数
フィルタリング表現構文
プログラムでWinPcap を利用するには
WinPcap 入門編:WinPcap をプログラムするためのステップバイステップガイド

詳述

 このセクションは一般のWinPcap APIを含むダイナミックリンクライブラリであるwpcap.dllのユーザーズマニュアルを包含しています。wpcap.dllはネットワーク解析とパ ケットキャプチャに関するシステムインディペンデント(システム非依存型)な関数のセットをエクスポートします。それらの関数は以下の機能を可能にしま す:

 wpcap.dll はよく知られたUNIXのパケットキャプチャライブラリであるlibpcap と互換性があります。この互換性は、全てのWin32OSファミリー上と主要なUNIXフレーバー上で動作するポータブルネットワークツールを作成するこ とを可能にします。

 このセクションに出てくるマニュアルの幾つかの部分は、tcpdump.org 開発者によって運営されているtcpdumpとlibpcapのマニュアルページから直接引用されています。したがって、これらに関する更新された資料を お探しの場合は、www.tcpdump.org のウェブページを参考にしてください。.

注意書き

 本マニュアルの中に、「deprecated」か「discouraged」のラベルがつけられた関数があります。各ラベルの意味は以下の通りで す:


documentation. Copyright (c)2002-2003 Politecnico di Torino.
2005 translated by Telebusiness,Inc.
 All rights reserved.