NewsBrowser Pro
アイコン・メニュー説明
アイコン ファイル メール 入力機器 ヘルプ

アイコン・メニュー説明

アイコン

TeleShotMailを起動しますと、まずこちらの画面が表示されます。



ライセンス登録の画面が出てきます。 送金方法などについては、ライセンス登録をお読み下さい。
ライセンスキーをお持ちの方は、ライセンスキーを入力後、「登録」ボタンを押して下さい。
あとで入力する場合は、「登録しないで次へ」へ押して下さい。


メインウィンドウ(クリックすると拡大します)
各アイコンについて


・スナップショット
今現在のカメラの画像を保存する画面へ移行します。


・入力機器変更
パソコンに接続されているWebカメラを切り替えます。(パソコンにWebカメラが2台以上接続されている場合に限り、動作します)


・メール設定
メールアドレスなどの設定をします。


・メールチェック
メール送信があったかチェックします。


・入力設定
Webカメラの設定をします。設定方法はWebカメラごとに違いますので、Webカメラの説明書をお読み下さい。


・入力プロパティ
Webカメラの状態を確認します。Webカメラの状態についての画面などはWebカメラごとに違います。


ファイル
メニューについてです。

・スナップショット

・保存
任意の場所に画像を保存します。
・キャンセル
キャンセルします。
・メール送信
特定の相手にスナップショット画像をメールに添付して送信します。

・アプリケーションの設定

・スタートアップ
Windowsを起動した時にTeleShotMailを自動的に起動させる設定です。
・ログファイル
画像送信についてのログをチェック・削除する設定です。
・終了の設定
閉じるボタンを押してもアプリケーションを終了するか・しないかを設定します。

・終了
TeleShotMailを終了します。


メール
メールについてです。

・メールチェック
メール送信があったかチェックします。
・メール設定
メールアドレスなどの設定をします。下記がメール設定についてですのでよくお読み下さい。

① SMTP設定 ※
メールアドレスのSMTPサーバーを設定します。

② POP3設定 ※
メールアドレスのPOP3サーバーを設定します。
「ポート」はPOP3で利用しますポート番号を入力します。通常のポート番号は「110」です。
「APOP認証を利用する」にチェックを入れますと、メールのパスワードを暗号化してチェック出来ます。(但し、POP3サーバーがAPOP認証に対応していることが条件です。)

③ 送信者設定 ※
送信者の名前とメールアドレスを設定します。必ずメールアドレスを入力して下さい。

④ 画像回転
「返信する際に画像を90度回転する」にチェックを入れますと、スナップショット画像が時計回り90度回転した画像が返信されます。

⑤ 返信先の制限
返信する相手先のメールアドレスを制限出来ます。最大10件まで返信先を制限出来ます。

⑥ 件名判定文字列(半角英数字) ※
メール返信条件に必要なメールの題名を設定します。設定出来るのは半角英数字のみで、それ以外の文字を入力しても反映されません。

※ の入った箇所は設定必須箇所です。設定しないとメールが返信出来ません。


入力機器
入力機器についてです。

・変更
パソコンに接続されているWebカメラを切り替えます。(パソコンにWebカメラが2台以上接続されている場合に限り、動作します)
・設定
Webカメラの設定をします。設定方法はWebカメラごとに違いますので、Webカメラの説明書をお読み下さい。
・プロパティ
Webカメラの状態を確認します。Webカメラの状態についての画面などはWebカメラごとに違います。


ヘルプ
ヘルプについてです。

・ライセンス登録
ライセンス登録についてです。ライセンス登録については、画面の説明をお読み下さい。
・テレビジネスのホームページ
テレビジネスのホームページへ飛びます。
・バージョン情報
TeleShotMailのバージョンを表示しますします。

 

 


Telebusiness, Inc   RSSへ飛びます。