TeleShotFTP
メニュー
はじめに ダウンロード インストール 使い方 アイコン・メニュー説明 ライセンス登録 Q&A 更新履歴 TeleShotシリーズカタログ

アイコン・メニュー説明

アイコン

TeleShotDiaryを起動しますと、まずこちらの画面が表示されます。

ライセンス登録画面

ライセンス登録の画面が出てきます。 送金方法などについては、ライセンス登録をお読み下さい。
ライセンスキーをお持ちの方は、ライセンスキーを入力後、「登録」ボタンを押して下さい。
あとで入力する場合は、「登録しないで次へ」へ押して下さい。


メインウィンドウ(クリックすると拡大します)
各アイコンについて


・スナップショット
今現在のカメラの画像を保存する画面へ移行します。


・入力機器変更
パソコンに接続されているWebカメラを切り替えます。(パソコンにWebカメラが2台以上接続されている場合に限り、動作します)


・入力設定
Webカメラの設定をします。設定方法はWebカメラごとに違いますので、Webカメラの説明書をお読み下さい。


・入力プロパティ
Webカメラの状態を確認します。Webカメラの状態についての画面などはWebカメラごとに違います。


・キャプチャ設定
TeleShotFTPのキャプチャ設定の画面へ移行します。

ON/OFF切替
・ON/OFF切替
定期撮影を実行・停止を切り替えるボタンです。


ファイル
メニューについてです。

・スナップショット
スナップショット
・保存
任意の場所に画像を保存します。
・キャンセル
キャンセルします。


・終了
TeleShotDiaryを終了します。


各種設定

各種設定についてです。

・アプリケーション設定
アプリケーション設定画面
・スタートアップ
Windowsを起動した時にTeleShotDiaryを自動的に起動させる設定です。
ショートカット作成としますと、Windowsを起動した際にTeleShotDiaryが自動的に起動します。
登録後、ショートカット作成としますと、Windowsを起動した際にTeleShotDiaryが自動的に起動しないようになります。
:0秒後に起動するという設定は、Windowsが起動した際にTeleShotDiaryが先に起動しますと
カメラによっては不具合を生じる場合がありますので、なるべく任意の秒数を入れて下さい。
・ログファイル
画像送信についてのログをチェック・削除する設定です。
ログファイルは、TeleShotFTPが動作しているフォルダに
「log.txt」という形式で保存します。
・終了の設定
閉じるボタンを押してもアプリケーションを終了するか・しないかを設定します。
ちなみに設定をした場合には、終了させない限りはこのように、画面右下に入ります。
タスクメニュー

・JPEG保存画質
キャプチャ画像の設定です。画質が高いほど保存容量が高くなり、逆に画質が低いほど保存容量が低く抑えられます。

・キャプチャ設定
キャプチャ設定
・FTP設定
TeleShotFTPで転送するFTPサーバーの名前・ID・パスワードを入力します。
入力したら、「接続テスト」で接続できるか確認してください。

・撮影間隔
Webカメラの映像を保存する時間の間隔を指定します。
1秒~9999時間59分59秒の間に設定出来ます。
0時間0分0秒に設定しますと、撮影は行いません。

・動作検知設定
Webカメラの映像に変化が見られた場合に
時間に関係なく保存出来るように設定します。(不要の場合は設定しなくても問題ありません)
動作検知保存を使用するにチェックを入れますと、動作検知ができるようになります。
・レベル
検査間隔の秒数を設定します。検査感覚の数値が高いと
Webカメラの画面の変化が長い場合に動作検知があったと
判断し、画面を 保存します。
・検知レベル
黄線の検知レベルを設定します。
検知レベルの数値が低いと、Webカメラの画面の変化が少なくても
動作検知があったと判断し、画面を保存します。
・画像保存最短感覚
画像に変化があった際、次回の動作検知で検査に引っかかった
Webカメラの画像の保存する秒数を設定します。
間隔秒数が低いと、頻繁にWebカメラの映像を保存します。

・HTML出力設定
ダイアログ設定
・インデックスHMTL設定  
インデックスHMTLを自動作成する にチェックを入れ
任意のファイル名を入力しますと、Webカメラで撮影した画像を
インデックス表示します。
また、「ファイル名+_i.html」に携帯電話向けのインデックスHTMLファイルが
自動作成されます。
最新画像を表示する にチェックを入れますとトップページに常に最新画像が表示されます。
表示サイズと表示枚数が指定できます。
WEBページが自動更新するようにする にチェックを入れますと
WEBページが更新間隔秒毎で最新かどうかチェックします。

・カレンダー設定
カレンダーを表示する にチェックを入れますとWEBページにカレンダーが表示されます。
新しい月から表示する にチェックを入れますと新しい順番からカレンダーが表示されます。

・日別画像HTML設定
日別画像HTMLの自動作成する にチェックを入れ
任意のファイル名を入力しますと、Webカメラで撮影した画像を
インデックス表示します。
また、「ファイル名+_i.html」に携帯電話向けのインデックスHTMLファイルが
自動作成されます。
最新画像を表示する にチェックを入れますとトップページに常に最新画像が表示されます。
表示サイズと表示枚数が指定できます。
WEBページが自動更新するようにする にチェックを入れますと
WEBページが更新間隔秒毎で最新かどうかチェックします。
  

・インデックスHTMLの修正について
タイトルはWebページのタイトル部分の名前が入れられます。
上部追加HTMLコード、および下部追加HMTLコードは、HTMLファイルの一番上、もしくは一番下に
追加で文字が入れられます。
HTMLコードについては、以下のサイトなどをご参考にしてください。
  
とほほのWWW入門
http://www.tohoho-web.com/

・日時表示設定
日時表示設定
定期撮影した画像に保存した日時を入れる設定です。
・キャプチャした画像に日時を表示する
チェックを入れますと、保存した画像に対し保存した日時が入ります。
・表示位置
日時を表示する位置を設定します。デフォルトでは画面左上に表示されます。
・表示文字列
表示する日時を設定します。表記は下記の通りです。
%Y=年 %M=月 %D=日 %W=曜日(英語表示)
%h=年 %m=月 %s=日 %w=曜日(日本語表示)

例として初期設定の表示を記載します。
例 :%Y/%M/%D(%W) %h:%m:%s
表示:2007/02/09 21:05:21
・フォント設定
表示する日時のフォントを指定します。
・影の表示設定
表示する日時のフォントに影を付けるか設定します。


入力機器
入力機器についてです。

・変更

パソコンに接続されているWebカメラを切り替えます。
パソコンにWebカメラが2台以上接続されている場合などで動作します。

・設定

Webカメラの設定をします。設定方法はWebカメラごとに違いますので、Webカメラの説明書をお読み下さい。
※画面は参考画面です。

・プロパティ

Webカメラの状態を確認します。Webカメラの状態についての画面などはWebカメラごとに違います。
※画面は参考画面です。


ヘルプ
ヘルプについてです。

・ライセンス登録
ライセンス登録についてです。ライセンス登録については、画面の説明をお読み下さい。
・テレビジネスのホームページ
テレビジネスのホームページへ飛びます。
・バージョン情報
TeleShotFTPのバージョンを表示しますします。

Telebusiness, Inc   RSSへ飛びます。