はじめに
軽い音声チャットツールです。
無音の場合はプログラムが判断して音声を遮断(通信を遮断という意味ではありません)できる
機能が付属しております。
その機能を利用すると無音時にも音声データを送りませんので
常時通信データの圧迫感を感じさせません。

 特徴
DirectX9に入っております、DirectSoundのプログラムを利用しています。
その為に無音時にプログラムが判断して音声データを飛ばしません。

 動作環境
Windows2000・XPとDirectX9がインストールされている環境

 ダウンロード
ダウンロードは上部バナーをクリックするか、こちら
からダウンロードして下さい。
但し、ファイルをZIPで圧縮しておりますのでWindows2000のお使いの方は
ベクター様から ZIPの解凍を行うアーカイブファイルを入手して下さい。

 使い方
接続の仕方
・接続先のIPかホスト名とポート番号を入力して接続ボタンを押します。
 (ルータがIP・ホスト名を自動取得(UPnP)出来るタイプでないと無理です)
 その時に接続先の方でもTeleChat.exeが動作していないと動きません。
・接続に成功すると、着信音がお互いに鳴ります。
・相手側が接続開始のボタンを押せばチャットが開始されます。
 (ちなみにエラーに関する情報は通信履歴のボックスに表示されます)
・切断ボタンで接続を切断します。

着信
・相手からの接続要求が来ると通話開始ボタンが点滅し、着信音が鳴ります。
・通話開始ボタンを押すと通話を開始します。
・切断ボタンで接続を切断します。

メニューの内容
■ファイル
└ リセット:セッション(利用者のパソコンのユーザー名・IPアドレス・ポート番号)を再作成します。
  セッションの作成に失敗したときなどに試します。
└ 通信履歴クリア:通信履歴のボックスに書いてあるテキストを全部消去します。

■表示
└ セッション情報:作成したセッションに関する情報を表示します。
└ 接続者情報:最後に接続した相手の情報を表示します。

■着信音
└ 設定:呼び出しの時に鳴る着信音を設定します。
     通常着信音 A・B・着信音なしと選択できます。
     それ以外にもWaveファイルをオリジナル着信音として利用することができます。
└ 停止:鳴っている着信音を停止します。

■オプション
└ セッションの設定
  └ ポート番号:通信可能なポート番号を設定します。
  └ 音声圧縮方法:音声を圧縮する方法を選択します。
         音声圧縮方式ですが、デフォルトは 64 Kbpsです。
         64 Kbpsよりも数値を低くすればするほど音声の転送量が軽くなりますが
          その代わりに音が悪くなりますので聞こえづらくなります。
└ サウンドの設定:サウンドに関する設定を行います。
 ・録音ボリューム:自分の音を録音するときのマイクの入力音量を設定します。
 ・再生ボリューム:相手の声を再生するときのスピーカー出力音量を設定します。
 ・エコー抑制:エコー抑制モードをアクティブにするかを選択
          オンにすると外部スピーカーと好感度マイクによる構成で発生するエコーが抑制されます。
 ・バッファ品質:バッファの品質の設定です。値が大きいほど音声の質は高くなりますが
           遅延時間が長くなります。値が小さいほど遅延時間は短くなりますが、質は低下します。
           ※ この値の変更は設定変更後のTeleChat再起動で反映されます。
 ・バッファ即応性:ネットワークの状態を監視して、遅れや混雑状況を判断する即応性を設定します。
            値が高いほどネットワークの状態が厳密に監視され音質は上がりますが、
            遅延時間は長くなります。また、値が小さいほど、遅延時間は短くなりますが音質は低下します。
            ※ この値の変更は設定変更後のTeleChat再起動で反映されます。
 ・最低入力レベル:どれくらいの大きさの音が入力されたら、音声を転送するか設定します。設定値以下の音量は
           転送されなくなります。レベルを上げていくと小さい音は転送されなくなりますが
           音声が途切れることがあります。小音量の雑音などを入れたくないときなどに設定してみてください。
 (すべての初期設定では「自動設定」「デフォルトの値を使用する」「エコー抑制モードをアクティブにする」にチェックが入っております)
└ 音声のチェック:サウンド ハードウェア テスト ウィザードが開きます。

■ヘルプ
└ バージョン情報:バージョン情報を表示します。
└ グローバルIPを調べる:http://dog.tele.jp/lookup.php にアクセスして自分のグローバルIP・ホスト名を表示します。
└ テレビジネスのホームページ:テレビジネスのホームページへ飛びます。


 著作権
著作権は全て、有限会社テレビジネスが所有します。

 再配布
転載・再配布は原則的に禁止です。

 免責
・Windows2000とXPとで動作を確認していますが、利用に際して動作を保障するものではありません。
・DirectX9以下のバージョンでは動作しません。また、DirectX9をインストールしないと使えません。
 DirectXからダウンロードして下さい。
 DirectX9をインストールしたことによる、マシンのトラブルが発生しても、当方では一切責任を取りませんのでご了承下さい。
・DirectX9がインストール出来たとしても、全てのパソコンやサウンドカードに対して
 動作保証を行っておりません。
 特定のパソコンやサウンドカードに対して動作しない場合がございますのでご了承下さい。
 また、動作検証についてはご自身で行って頂きます様、お願い致します。
 (テレビジネスではパソコンやサウンドカードに対する動作検証は致しません)
・Windows2000とXPで動作を確認していますが、利用に際して動作を保障するものではありません。
・このプログラムを実行したことによってマシンに対しトラブルや損害が発生しても
 当方では一切責任を取りませんのでご了承下さい。
・ご不明点に関するお問い合わせについては、  http://dog.tele.jp/bbs  宛にお送りください。
・お送りいただいたご質問に対して必ずご返事できない場合もございますので、予めご了承ください。

 開発履歴
Ver 1.0
TeleChat完成
掲載開始

Telebusiness, Inc   RSS