はじめに
GraphicViewerは画像操作プログラムを勉強する教材です。
Visual C++でプログラミングし、Windowsインタフェースで操作し、読み込んだ画像を操作します。

 特徴
このプログラムはVisual C++とDirectX9プログラミング実習教材です。
実行プログラムとは別に、プログラミング実習用教材をテレビジネスでご用意致します。

 ダウンロード
ダウンロードは上部バナーをクリックするか、こちら
からダウンロードして下さい。
但し、ファイルをZIPで圧縮しておりますのでWindows2000のお使いの方は
ベクター様から ZIPの解凍を行うアーカイブファイルを入手して下さい。

 使い方
ファイルを実行しますと、メニューが出てきます。
「背景画像」もしくは「画像ファイルを開く」で画像を選択します。

拡大で画像拡大・縮小(キー操作:Wボタン=拡大,Sボタン=縮小)の操作
透明で画像の透明度(キー操作:Eボタン=透明化,Dボタン=非透明)の操作
速さで画像の移動速度(キー操作:Qボタン=加速,Aボタン=減速)の操作
回転で画像を回転(キー操作:Wボタン=右回転,Sボタン=左回転)の操作
移動で画像(キー操作:↑↓←→キー)を移動させます。
メニューの表示の雪をチェックしていただくと、画面内に雪が降ります。
背景画像に設定した画像は操作できません。


 著作権
著作権は全て、有限会社テレビジネスが所有します。

 再配布
転載・再配布は原則的に禁止です。
雑誌への掲載については事前にご連絡下さい。

 免責
・Windows2000とXPとで動作を確認していますが、利用に際して動作を保障するものではありません。
・DirectX9以下のバージョンでは動作しません。また、DirectX9をインストールしないと使えません。
 DirectXからダウンロードして下さい。
 DirectX9をインストールしたことによる、マシンのトラブルが発生しても
当方では一切責任を取りませんのでご了承下さい。
・ソースファイルをご用意しておりますので、ご希望の方はテレビジネスにお問い合わせ下さい。
・このプログラムを実行したことによってマシンに対しトラブルが発生しても、当方では一切責任を取りませんのでご了承下さい。
・ご不明点に関するお問い合わせについては、dog@tele.jp宛にお送りください。
なお、お送りいただいたご質問に対してご返事できないときもございますので、予めご了承ください。

&開発履歴
Ver 1.0
Graphic Viewer完成
掲載開始
Ver 1.1
キーボードでの操作を可能に
雪を降らせる設定が可能に

 

 


Telebusiness, Inc   RSS