TeleShotSeries  - Webカメラ 連動 プログラム シリーズ -
 はじめに

 最近、パソコンの価格が安い物では3万円台で手に入るようになり
インターネット高速化の普及により、Webカメラの価格も3千円台で手に入るようになりました。

 テレビジネスでは、安価でセキュリティ管理を行うシステムができないかと考え、
TeleShot というWebカメラの画像をパソコンに取り込むソフトウエアを開発し、安価で提供しております。

 お子様やペットが留守中にご心配なかた、ご自宅の様子が心配なかたそれ以外にも、
植物の成長の記録やご自宅などの日照時間の確認、部屋の入退室の管理システムなど、多方面のご利用も簡単にできます。

Webカメラの画像をメールで受け取れる、TeleShotMail
Webカメラの画像をパソコンにため込む、TeleShotDiary
Webカメラの画像を登録したサイトに更新する、TeleShotFTP

 TeleShotシリーズのカタログこちら(PDFファイル)をクリック

 ご質問・ご要望はこちらまで。
必ずしもお返事は返しませんのでご了承下さい。


 Webカメラ画像プログラム TeleShotMail
Webカメラ画像送信プログラム TeleShotMail

TeleShotMailでは、携帯電話からでも自宅の画像などを 簡単にいつでもどこでも見れるようになっているソフトウェアです。

外出時にご自宅の様子が気になる方にお勧めのソフトウエアです。

イメージ図など、詳しくはこちらをクリック
TeleShotMail ダウンロード

 Webカメラ画像定期撮影プログラム TeleShotDiary

Webカメラ画像定期撮影プログラム TeleShotDiary

TeleShotDiaryでは、Webカメラの映像を 定期的に保存し、保存した画像をWebページから一覧で見れるソフトウェアです。
Ver1.50より動体検知に対応!!

ご自宅や気になる場所の映像を長期的に監視したい方にお勧めのソフトウエアです。
イメージ図など、詳しくはこちらをクリック
TeleShotDiary ダウンロード


 Webカメラ画像FTP送信プログラム TeleShotFTP
Webカメラ画像定期撮影プログラム TeleShotDiary

TeleShotFTPは、Webカメラの映像を定期的に撮影してFTPサーバーに転送するソフトウェアです。
動体検知に対応!!
イメージ図など、詳しくはこちらをクリック
TeleShotFTP ダウンロード

 免責事項

有限会社テレビジネスでは、個人情報の重要性などを認識し、以下の取り組みを実施いたしております。

・有限会社テレビジネスでは、アクセスしてきた方々のログ(履歴)を保存しております。

・有限会社テレビジネスではサービスの向上を図るためにアクセスしてきた方のマシンにCookieを
  登録させていただいております。Cookieが不要でしたらブラウザなどでCookieを
  無効になさってください。

・有限会社テレビジネスでは、悪意あるソフトウェアなどを許可なくテレビジネスのWebページに
  アクセスしてきた方にインストールを行う行為を決して行いません。

・収集致しましたログ・アンケートは、有限会社テレビジネスWebサイトの再構築や営業などに活用致します。

・収集致しましたログ・アンケートについて、提携先や有限会社テレビジネスの関連業務承継先以外
 の第三者に開示することはありません。

・お問い合わせ・見積り・発注時に関する個人情報・翻訳文・原文の情報など全て安全な
 場所に管理・保管し有限会社テレビジネス以外の第三者に開示致しません。

・個人情報の確認な訂正についてのお申し込みですが、個人情報漏洩防止の為に
 メールでのお問い合わせや返答などは一切行っておりません。
 お手数ですがFAX:042-730-3553にてお問い合わせください。
 お申込みにあたっては住所、氏名、電話番号、FAX番号、メールアドレスと確認内容の記載をお願いします。
 確認内容はFAXでご返事します。

・当Webサイトからリンクする第三者のインターネットWebサイトにおいての個人情報の取り扱いに
 ついては有限会社テレビジネスでは一切責任を負いませんのでご了承下さい。

・その他、ご不明点などのお問い合わせについては、お問い合わせ窓口もしくはdog@tele.jpにご連絡下さい。

NewsBrowserやAirWebChatなど、インターネットに接続するソフトに関してですが
  セキュリティソフトをインストールしている場合、動作しない可能性があります。
  動作しない場合はセキュリティソフトを遮断するか、もしくはテレビジネスのソフトウェアが
  ネットワークへ接続をするよう、許可を行ってください。

また、セキュリティソフトによりテレビジネスのWebページがお見苦しいところが出てくる
  かもしれません。その時にはセキュリティソフトの遮断を行ってください。


Telebusiness, Inc   RSS